ボーディングスクール

ボーディングスクールというのは、耳慣れない言葉かもしれませんが、日本語では全寮制の寄宿学校という意味です。

子供たちが親もとを離れ、他の子供たちや教師たちと一緒に共同生活を送り、色々なことを学びます。

日本はもとより、アメリカ、カナダ、スイス、ヨーロッパ各地、アジア各地でも数多くのボーディングスクールが存在します。
ではこのボーディングスクールの魅力とは一体何なのでしょうか。



まず第一に、集団生活で社会性を育むことができるという点です。
社会で生きていく以上、最も大切となる社会性を子供のうちから培っていくというのは、子供たちの将来にとってプラスになることは間違いありません。

同じ年齢の者だけではなく、年下の生徒、年上の生徒、そして教師をはじめとする大人と一緒に生活していくうち、自然と他者との関わり方を身につけていくのです。

そして次に、自分自身で考え、行動するという自立心を養うことにもつながります。
24時間集団の中で生活していくわけですから、自分の行動には責任を持たなければなりません。
その中で自分のしたいこと、信じること、それは真っ当なことなのかどうか、を自分で考える力を身につけるようになります。

現在の若者に多く見られる、自分を表現することができないというのは、若い頃から自立心を養う環境になかったからなのではないでしょうか。

Girls Channelの情報がいっぱい詰まったサイトです。

また、ボーディングスクールの教育は一般的にとても高いとされています。

国際生にも優れ、海外からの学生を受け入れるところも少なくありません。



そのため、子供により良い教育を受けさせるため、裕福な親が子供を海外のボーディングスクールに入学させる、というケースが多いのが現状です。